第三十六話「ラーの鏡を入手せよ」

第三十六話「ラーの鏡を入手せよ」


「ラーの鏡?」
「うむ、真実の姿のみを映し、偽りの姿を打ち消すと言われる神具じゃ」
「それは何処にあるのですか?」
「すまんが詳しい場所はワシにも解らぬ。何しろ随分昔に古文書で読んだ事があるだけなのでな」
「陛下、しかしこの城に伝わる古文書の全ては奴等に奪われてしまいました。もはや…」

ルイナは俯いてそう言うがレナスは口元に軽い笑みを浮かべる。

「その古文書は物語にもなっていてな、デールがかなり気に入っておったので譲り渡しておる。今もデールの手元にある筈じゃ」

この城に伝わる古文書や法具などは光の教団に奪われているが、デールが譲り受けたというその古文書は教団の目から逸れていた為に奪われる事はなかったのだと言う。

「ならデールにその古文書を見せてもらえれば在りかが分かるんだな」
「しかしキョウヤ様、デール様はこの時間は何処かに篭っておいでで居場所が分からないのです。城からは出ていないのは確かなのですが」
「そうなのか?…いや、居場所というか隠れ場所には心当たりがある」

何処に居るか分からないと言われ、首を傾げたキョウヤだが何やら思いついた事があったのかニヤリと笑う。
どうやら彼等二人しか知らない隠れ場所があるらしい。

「叔父上、伯母上。俺達はこれからデールに会ってその古文書からラーの鏡の在る場所を特定してそのまま入手する為に動きます。必ず助けて見せますので今しばらくの辛抱を」
「あい分かった、全てお前に任す。きっと成し遂げてくれると信じて居るぞ」
「キョウヤ、そしてタダオ殿、決して無理はしない様に。私達より自分達の命を優先するのですよ」
「伯母上…、では行って参ります」

一礼をしてその場を後にするキョウヤ達をルイナは牢越しに、レナスもその肩を抱きしめて見送っていた。




―◇◆◇―

地下牢から出て来たタダオとキョウヤは見張りをしていたトールとブラウンに合流してデールを探す為に歩き出す。

「キョウヤ様、本当にデール様の居場所に心当たりが?」
「ああ、子供の頃は伯母上とは折り合いが悪かったがデールとはそれなりに仲良くしてたよ。とは言え、やはり伯母上に仲良くしている所を見られるとややこしくなりそうだったんでな、二人だけの秘密の隠れ場所で会っていたんだ」
「なるほど、時折お二人の姿が見えなかったのはその為でしたか」
「ところで俺の部屋は今はどうなっている?」
「申し上げ難いのですが今では物置代わりになっています」

キョウヤの痕跡を消す為なのだろう、偽王と王妃によってキョウヤの部屋の私物は全て処分されているらしい。

「…まあいいさ、隠れて会うには逆に丁度いい」
「と言う事はもしやデール様は其処に?」
「ああ、あの部屋の奥に隠し部屋があるんだ。ライオネットは話し合いの邪魔をされない様に見張りをしながら人払いを頼む」
「御意!お任せを」




ライオネットが先導している為にタダオ達はさほど怪しまれる事無くキョウヤの部屋だった場所に辿り着き、見張りをライオネットとブラウン達に任せて二人は中へと入る。
だが其処は思った程乱雑では無く、整理をした後さえ見て取れる。
おそらくデールが掃除をしたんだろうと考えながら奥に進み、床板をずらすと壁に偽装していた隠し扉が開いた。

「な、何者だ!」

隠し部屋の中から聞こえて来た声にキョウヤは軽く笑い、部屋の中へと進みながら答える。

「何者も何も、この部屋の事を知っているのはお前と俺だけだろう」
「え……、もしや兄上…なのですか?」
「長い間心配かけてすまなかったな、デール」
「あ、あ、あに…上。兄上ーーーーっ!」

部屋の中央で椅子に座っていたデールは入って来たのがキョウヤだと分かると抱きついて泣き出した。

「信じていました、きっと生きていてくれると、きっと帰って来てくれると」
「ああ、ありがとうな」

そう言いながらキョウヤはデールが泣き止むまでその肩を抱いてやる。

「そ、それで私にどんな用があるのですか?此処に私を探しに来たという事はそういう事なのですよね」
「その事だが、お前が叔父上から譲り受けたという古文書を見せてくれ。それにラーの鏡の入手法が書かれているらしいんだ」
「その古文書ならば奴等に奪われない様にとこの部屋に隠しております」

そしてキョウヤはデールに渡された古文書を読み出す。

「え~と、物語の部分が長いな。今在る場所を知りたいんだが」
「それならば、この城より南にある古い塔に祀られているとの事です。しかし」
「しかし何だ?」
「その塔に入る為の鍵は海辺に在る修道院の僧が持っていると書かれていました。それも実体を持たぬなどと曖昧な表現でどの様な鍵なのかは記されてはいませんでした」
「此処から南、そして海辺の修道院と言う事は…タダオ」
「ああ、あそこしかないなキョウヤ」

そう言う二人は少々戸惑いの表情を浮かべる。
何しろラーの鏡が在る塔に入るには先ずは修道院に行かなければならず、つまりは其処に何も言わずに置き去りにしたサクラとミユキとも会わなければいけないという事なのだから。

「…覚悟を決めるしかないか。デール」
「はい、兄上」
「俺達はこれからその塔に行ってラーの鏡を手に入れて来る。そいつを使えば玉座に居座っている魔物共の正体を暴ける。奴等からこのラインハットを取り戻して見せるからな!」
「分かりました、兄上を信じます。今度もきっと無事に帰って来てくれると」

そう言うデールと別れたタダオ達は城から抜け出して馬車に戻り、修道院へと向かう。





―◇◆◇―

一刻も早くラーの鏡を手に入れる為にとあえてオクラルベリーの町へは寄らずに急ぎ、そして修道院を眺める事の出来る丘の上で馬車を止める。

「さてと、どんな顔で会えば良いかだが……」
「怒っているよなー、絶対」

流石に顔を合わせ辛いのか、そうぼやきながら数日振りとなる修道院を見下ろす二人。

「何時までも此処でダラダラしていても仕様が無いな。こうなったら…」
「おっ、行くのかタダオ?」
「キミに決めた!行けキョウヤ、《説得》だ!」
「ふざけるな、お前が行け!」
「ふざけとらんわい!大丈夫、お前なら出来る!諦めんな、もっと熱くなれよ!」
「き、貴様という奴は…」

カサリッ

「「ん?」」

ギャーギャーと言い合っている二人の後ろから何かが落ちた音がして振り向いて見ると其処には

「サ、サクラ」
「ミユキ」

あの大神殿から共に逃げ出した二人の少女、サクラとミユキが呆然としながら此方を見ていた。

「あちゃ~」
「見つかってしまったか」

ばつの悪い顔をしていると二人共、涙を流しながら駆け寄って来る。

「キョウちゃーーん!」
「ミユキ…」

ミユキはキョウヤに抱き付くとその胸をポカポカと叩きながら泣きじゃくり、キョウヤはその肩を優しく抱いてやる。

「ばかばかばかぁ~~。キョウちゃんのばかぁ~~。何で私達を置いて行ったのぉ~~!」
「ごめん。でも此処からは危険な旅だったんだ、だから二人には安全な場所に居て欲しかったんだ」
「私達にだって手助けぐらい出来るよ!いくら安全でも二人の事を心配しながら泣いている方がずっと辛かったんだから!」
「そうか、悪かったよ」

そう言いながら頭を撫でてやると漸く落ち着いて来たのか顔を胸に擦り付け、鳴き声も小さくなって来た。
そして、お互いに見つめ合おうとすると……

「タダオくんの馬鹿ーーーーーっ!」
「ぬわーーーーーーっ!」


サクラの怒声とタダオの悲鳴が聞こえて来た。

「ばかばかばかばかばかばかばかばか!」
「ぐほっげほっがはっ!や、やめ、たすけ」

サクラは殴り飛ばされたタダオに馬乗りになって殴り続ける。

「お、おいサクラ、もうその辺で…」
「私だって本当はあれ位怒っていたんだよ」

キョウヤはそんなミツキの笑っていない目を見て旋律を覚える。

「ばかぁーーーーーっ!」
「そげぶっ!」



=冒険の書に記録します=



(`・ω・)神の塔へと入る為の方法が書いてある本を日記から古文書に変えてみたけれど余り意味は無かった件。




タダオ「何で俺だけこんな目に……」

(・ω・)「いや、ほら。ギャグを入れられるシーンでは容赦はしないって読者の皆様と約束したし」