第三十五話「地下牢の再会」

第三十五話「地下牢の再会」

カツーン、カツーン、カツーン

薄暗い地下通路に足音が響く。
キョウヤ達はライオネットに連れられてレナス王が幽閉されている地下牢へと歩いている。
以前、住んでいた城とはいえ流石に地下牢に近づいた事は無かった為にこの地下牢への入り方は知らなかったのでライオネットとの再会は正に幸運と言えた。

「陛下達が入れられている場所は其処の角を曲がった所です」

そしてキョウヤは遂にレナス王と王妃と再会する事となる。
だが、10年ぶりに見たその姿は以前、自分達が着せられていた奴隷服よりは幾分マシな程度の粗末な物であり、身体も痩せ細るなど余りにも変わり果てていた。

「陛下、王妃様、お食事をお持ちいたしました」
「おお、ライオネット。こんな所まで持ってこさせてすまぬな」
「そんな事は言わないで下さい陛下。私の方こそ陛下達を救えぬままで申し訳ありません」

レナス王は野菜屑が少し入っただけのスープと固くなったパンを受け取りながらそう言うが、ライオネットも未だに救い出せない事を謝罪する。

「さあルイナ、お前も食べなさい。こんな物でも食わなければ身体が持たないぞ」
「…いえ陛下。私は何時も通り半分だけで結構です」

王妃ルイナはそう言いながらパンを食いちぎり、スープをすすると前言通りに半分で止めてしまい、床に置いたと思うと何処からか現われたネズミが食い散らかし、そんな光景をキョウヤは驚愕した表情で見つめる。
これがあの威厳に満ちた王妃かと、レナス王と息子のデール王子以外を見下していた王妃かと。

「ルイナよ、そうは言うがこの所更に痩せ細っているではないか。このままではもう数日と持たぬぞ」
「構いませぬ。それこそ私に相応しい最後でしょう」

俯きながらそう答えるルイナの瞳から数粒の涙が零れて来る。

「確かに最初の頃はこの様な扱いに憤っておりました。しかしこの苦しみの中で気付いたのです。我が子可愛さとはいえ私はキョウヤにこれ以上の苦しみを与えてしまったのだと」
「ルイナ…」
「私があの様な愚かな欲にかられ、あの様な嫉妬を抱いたばかりに何の罪も無いあの子はこの様な薄暗い地下牢で今の私以上の苦しみを味わった事でしょう。その上陛下までも巻き添えにしてしまいました。全ては…、全ては私の…、この私の罪。苦しみ続ける事こそが私の罰」

そんな王妃を見ていたキョウヤは心の中に燻っていた王妃への憎しみと恨みがゆっくりと消えて行くのを感じていた。
キョウヤはこの10年の奴隷生活の中で人の心の光と闇を見ていた。苦しみながら助け合おうとする人も居れば、苦しみから逃れる為に仲間を裏切る者も居た。
それ故に王妃の涙ながらの懺悔が嘘偽りの無い物だと感じていた。

だからキョウヤはタダオが何かを言う前に牢に近づくと腰を下ろし、檻越しにルイナに語り掛ける。

「王妃…いえ伯母上。貴女の懺悔、このキョウヤ確かに聞き及びました」
「…え?」
「な、なんとっ!」

レナスとルイナが顔を上げると其処には兜を外したキョウヤの顔があった。
成長しているとはいえ、この牢獄の中で何度も謝罪と懺悔を繰り返して来た相手故にルイナにはそれがキョウヤであると直ぐに分かった。

「キ、キョウヤ…キョウヤなのですか?」
「お久しぶりです伯母上、それに叔父上も。ご無事で何よりでした」
「あ、ああ、あああああ。キョウヤ、本当にキョウヤなのですね。生きて、生きていてくれたのですね。良かった、良かったぁ~~~」

ルイナは檻を掴んでいたキョウヤの手を握り締めて号泣し、レナスはそれを呆然としながら見ていた。

「キョウヤよ、お主あの状況でどうやって?…そうか、パパスが助けていてくれたのだな」
「いえ、父は俺達を助ける為に…亡くなりました」

レナスの問いに答えたタダオは兜を外しその顔を見せる。

「なっ!パ、パパスが、あ奴程の男が。…お主はまさか?」
「パパスの息子、タダオです」
「パパスの?おお、あの時の子か」

レナスは兜を外したタダオの顔を見ると、その顔には若かりし時のパパスの面影が確かに見て取れた。

「キョウヤよ、教えてはくれぬか?この城から攫われた後の事を。今までどの様に過ごして来たのか」
「はい。古代神殿の地下牢に閉じ込められていた時、パパスさんとタダオが助けに来てくれました。しかし……」

キョウヤの言葉をレナスとライオネットは愕然としながら聞き、ルイナは改めて自身がキョウヤとタダオに負わせてしまった苦しみと犯してしまった罪の重さに涙した。

「そうか、パパスが…。あ奴らしいと言えばらしいが、馬鹿者め!」
「タダオ殿。私のせいで貴方のお父様を…、すみません」
「…正直、貴方を許すとはまだ言い切れません。ですがこのまま王妃を責め続けた所で父は還っては来ませんし、何よりもそれは父自身が許さないでしょう。ですから今は忘れておきます。全ては奴等を倒してから考えます」

身内である王妃に裏切られたキョウヤ自身が彼女を許したのだからタダオも今は全ての憤りを捨てる事にした。
何よりも敵を目の前にしている現在では些細な事でしかないのだから。

「それよりも伯母上、今の貴女には苦痛ではあるでしょうがあの時から今までの事を詳しく教えてください」
「分かりました、全てを話しましょう。キョウヤがまだこの城に居た時、城の者達は次期王として貴方の即位を望む者ばかりでした。私から見ても次期王として相応しいのは我が子デールではなく貴方の方であるのは自明の理でした。しかし、私はどうしてもデールに王位を継がせたかった。…愚かにも私は其処を突かれたのです。邪魔者を排除してしまえと」
「だ、誰ですそいつは?」
「私へと宝石などの装飾品を献上して来た商人です。流石に甥である貴方を排除などと拒んではいましたが、あの者は何度も何度も私に話を持ち掛けて来て、そして遂にその言葉に耳を傾けてしまったのです」
「キョウヤ、そいつは間違いなく…」
「ああ、光の教団の手先だな」

人の弱み、心の闇に付け込むのは光の教団のやり方だと二人は身を持って知っている。
故に目の前に居る女性もまた教団の犠牲者でしかないのだと理解する他無かった。

「そしてキョウヤを攫わせる為に賊を招き入れた直後、私は何者かに襲われ気が付くとこの牢獄の中に閉じ込められていました」
「その後、ルイナ…いやルイナに成りすましていた者と対峙していたワシも同様に襲われてのう。デールが人質になっておる以上、情けないが何も出来ずにこのザマじゃよ」
「今、玉座に居座っているのはやはり…」
「見た目、醜悪な魔物じゃ。我等を嘲笑う為にわざわざ正体を晒しおったよ」
「と言う事はその正体を明らかにすれば公の場で倒す事が出来る」
「だがどうするキョウヤ?この変化の杖とは逆に変化を解く道具があればいいんだがな」
「…あるぞ、《ラーの鏡》がな」


=冒険の書に記録します=

 




(`・ω・)ずっとキョウヤのターンでしたね、事情が事情だし中々タダオの出番を入れ難かったです。
後の為にも王妃は心から改心している事になっています。
さて、そろそろ次回にはサクラとミユキとの再会をさせたいですね。