第三十四話「突入!ラインハット」

第三十四話「突入!ラインハット」

 

あの日、王妃の手引きによって城に侵入した盗賊に攫われてから10年の月日が経ち、キョウヤにとっては久しぶりの帰郷であったが、その城下町の姿は二人が予想した通りの酷い物であった。

 

「こ、これがあの華やかだった城下町…だと?」

城は煌びやかなままなのに城下町の建物の壁は薄汚れ、所々には皹さえ入っている。
町を歩く人の顔には笑顔は無く、何もかもをも諦めた絶望感しか見えない。
呆然としている二人の横を鎧に身を固めた戦士が憮然とした表情で歩いて来たので話を聞くと……

「この国が兵士を高い給金で集めていると聞きやって来たのだがな…はぁ。その為にこの国の民は高額の税金を搾り取られ、まともな生活すら出来ぬらしい。こんな国に仕える事などしたくない」

そう言い放ち、戦士は立ち去って行く。
何も言う事が出来ず、その後姿を見ていると地面に腰を下ろし、壁にもたれ掛かっている老人がふと此方を向いて語り掛けて来る。

「…お前さん達、何をしに来たのかは知らぬが…命が惜しければ直ぐに…立ち去りなされ。もうこの国は…人の住む場所では…無いからの」

明らかにもはや数日何も口にしていないという事が解るほどに弱りきっており、せめて何か口にと財布からゴールドを出そうとしたキョウヤだがその手は直に止まる。
老人の目が《施しなど受けたくは無い》と語っている事に気付いたからだ。

「ワシの事は…良い。じゃがせめて町の外れに居る…親子を助けてやって…くれぬか?」

老人の言葉に従って町外れにまで足を運ぶと其処にはボロボロの布を纏い痩せ細った子供を抱えた母親が居り、二人の姿を見つけると縋る様な目で見上げる。

「あ、あの、すみません。食べ物を分けてはいただけませんか?せめてこの子の分だけでも…。お支払いするお金はありませんが、この身体でも良ければ」

そう言い、布の下の何も身に着けてはいない裸身を晒そうとするとキョウヤが行き成り怒声をあげる。

「子供の目の前で何馬鹿な事を言ってるんだ!」
「ひっ!」

そう言いながら普段から常備している干し肉などの保存食を子供と母親に差し出す。

「金も身体もいらない!だから…早く食べろ」

母親は呆然としていたが、子供はキョウヤの手から奪う様にもぎ取ると一心不乱に食べ出した。

「あ…えっ?でも」
「良いから食え。話はそれからだ」

タダオもまたパンや果物、飲み物などを差し出すと、それを受け取った母親は泣きながら食べ出し、子供にも水を飲ませてやる。
キョウヤはその親子から目を逸らすと、拳を握り締めながら城を見上げる。
其処に居る敵に燃え上がる怒りを向けて。

 

―◇◆◇―

二人は親子に服を買うお金と食料を渡し、一先ず馬車に戻る。
城に潜り込むとなると戦力がタダオとキョウヤの二人だけだと心許ないのでブラウンとトールを連れて行く為である。

「しかし、どうやって連れて行く?流石にこの姿じゃ騒ぎになって乗り込むどころじゃないぞ」
「忘れたのかキョウヤ。コイツを譲って貰っただろ」

そう言いタダオは立て掛けてあった《変化の杖》を手に取り、まずは試しにと発動させる。
すると、変化の杖から零れ出した光の粒が彼の身体を包みこみ、やがてその光が消えると其処には……

「お、お前タダオか?」
「タダオ、キレイダ」
「クオン…」

女性の姿になったタダオが居り、どういうお約束なのかメイドの姿であった。
何故か馬車の中にあった姿見に写った自分を見たタダオは見惚れる様な表情をしていたが、我に返った様に頭を振るとすぐさま解除して元に戻る。

「いくら城に潜り込む為でもメイド姿は嫌だぞ」
「ち、違う。これは何かの間違いだ!誰かの陰謀なんじゃ!」

 

閑話休題ん~、何の事かな?

「これを使って兵士の姿に変化すれば怪しまれずに潜り込めるだろう」
「なるほどな。オマケにブラウンとトールも一緒に連れて行けるしな」

馬車を降り、人目に付かない場所に移動して変化の杖を発動させると四人の姿は兵士の姿へと移り変わった。

 


―◇◆◇―

兵士の姿になったタダオ達は邪魔される事もなく無事に城の中に入る事が出来た。
情報収集の為に城内を歩き回る彼等だが、其処に居る兵士達の姿は両極端であった。
明らかに魔物が姿を変えていると解る者や、高い給金に釣られて兵士になった野盗崩れの者達が居れば、家族を守る為に今のこの状況に耐え忍ぶ兵士も居た。

そうやって歩きながら城内を見回しているとキョウヤの目が一人の兵士を見つける。
その男は自分がこの城に居た時の兵士長の内の一人だった。
キョウヤはその男に近づくと兜の仮面をずらして話しかける。

「ライオネット、俺が誰か解るか?」
「何だ貴様…、いや、貴方はまさ…か、キョウヤ王子?」

その顔を見た元兵士長ライオネットは一瞬顔を綻ばせるが直に険しい表情に戻る。

「だ、騙されんぞ!陛下や王妃だけでは無く、今は亡き王子の姿まで騙るとは!」
「…そうか、やはり今玉座に座っているのは偽者か」

キョウヤは笑い顔を浮かべながら今度は兜を完全に外し、その顔を晒す。

「その顔、そしてその瞳、間違いなく貴方様は…キョウヤ王子!」

感極まったライオネットはキョウヤの前で膝を突いて平伏し、その目からは涙が零れていた。

「まさか、まさか生きておいでとは。良く…良くお戻りに!」
「今の城の状況は此処に来るまでに色々聞いて知っているが、まずはお前から詳しく教えてくれ」
「はっ!何なりとお聞き下さい」

人目に付かない場所に移動し、其処で語られたレナス王の変貌振りは関所でトムに聞いた通りだったが、その後の事はまさに驚愕に値するものだった。

「叔父上達は地下牢に監禁されているだと?」
「はい。奴等目を討伐しようにも陛下が人質にされていてはそれも出来ず、それにデール王子も…」
「デールも監禁されているのか?」
「いえ、拘束される事も無くこれ見よがしに自由にされています。王子を救おうとすれば逆に陛下達に危機が。奴等はそんな我等の姿を見て嘲笑っているのです」

あまりの悔しさにライオネットは拳を握り締め、食いしばった歯からはギリギリを音が聞こえて来る。

「ならば先ずは叔父上達を救ってからではないと何も出来ないな」

その時、何処からかガチャガチャと音が聞こえて来るとライオネットは急に立ち上がり、キョウヤに早く兜を着ける様に促した。
何事かと思いつつ、キョウヤが兜を着けると鎧を着崩した男がやって来て持っていた篭を押し付けながら言う。

「おい、餌の時間だ。奴等の所に持って行け。ん、何だそいつらは?」
「分かった、持って行く。それとコイツらは新しく配備された新兵だ」
「けっ!まあいい。早く持って行って仕事に戻れよ」

篭を押し付けた男はキョウヤ達を一瞥するとそう言い捨てて去って行く。

「丁度良いタイミングです。王子、一緒に来て下さい。陛下の所へ案内します」

どうやら渡された篭の中にはレナス王達の食事が入っているらしく、キョウヤ達はライオネットに連れられて地下牢へと進んで行く。


=冒険の書に記録します=

 




(`・ω・)ゲームではデールが一応王座に居るので案外すんなりと話が進みますが、この物語では王と王妃は魔族が擬態しているので会う訳には行かず、こう言う展開になりました。
後、話の都合上タダオの出番は少なめ。