第三十三話「関所にて」

第三十三話「関所にて」

 

「おい、どうしたんだ。お前、ラインハットに徴兵された筈じゃ?」
「はあ、はあ。あ、あんな城に居たんじゃ何時死ぬか分かったもんじゃないからな。戦闘の中、死体に紛れて何とか逃げ出して来たんだ」

そんな声が聞こえて来たので二人は木の影に隠れてその会話を聞く。
何処と無く見覚えのあるその二人は子供の頃にタマモを苛めていたあの兄弟の様だ。

「そんなに酷いのか?」
「ああ、特にレナス陛下の変わり様が酷すぎる。あんな王様じゃなかったのに今じゃ俺達国民の事なんか家畜としか思っちゃいねえ」

「叔父上が?」

キョウヤはその男の言葉を聞いて驚愕する。
当時、子供心に見ても叔父は清廉潔白な人格者で彼自身も叔父を信頼し、尊敬もしていた。
その叔父がそんな事をする筈が無い、そう怒鳴り付けようと身を乗り出そうとするとタダオが腕を掴んで押し留める。

「何故止めるんだ!」
「落ち着けって。少し考えれば偽者がやってる事だって分かるだろうが」
「あ…、そうだな。悪い、少し頭に血がのぼっていた」

タダオのその言葉に少し落ち着きを取り戻したキョウヤは両頬をパンパンと叩き、彼に向き直す。

「今日はこのまま此処で一夜を明かし、明日の朝一番でラインハットに旅立とう」
「そうだな。じゃあ、俺はもう少し話を聞いて回るからキョウヤは食べ物を馬車に持って行くついでにこれからの予定をブラウン達に伝えておいてくれ」
「分かった、そっちはまかせたぞ」

キョウヤと別れ、町の住民に話を聞いて行くタダオだが、聞こえて来るのは悪い噂話ばかりであった。

 


―◇◆◇―

「そうか…」

夜、用意された部屋の中でタダオは集めた情報をキョウヤに伝えたが、やはり彼の表情は冴えない物であった。

「やはり叔父上はもう」
「まだ分からないぜ。洗脳されているだけかもしれないし、幽閉されている可能性だってある。諦めるのは死んだって事を確認してからでいいだろ」
「そうだな。ありがとうタダオ」

本当の事はまだ何も解らない、だからこそ諦める必要も無い。
父親を目の前で失った彼の言葉はキョウヤの心に響き、僅かな希望を灯させる。

「さっ、早く寝ようぜ。ラインハットまでは軽く見積もっても二日はかかるからな」
「ああ、おやすみタダオ」

 

翌日、まだ日が昇りきる前に彼等はアルカパの町を後にする。
途中、何度か魔物の襲撃を受けたが以前より強くなっている彼等の敵ではなく、早々に倒されるか逃げ出すかで然程旅の障害にはならなかった。

そして夕暮れになる頃には大河を挟んだ関所に辿り着いた。

「何とか此処までは来れたが無事に関所を通れるかどうか。どうせ此処の兵士にも偽王の息が掛かっているだろうしな」
「まあ、一応聞いてみようぜ。案外すんなりと通れるかもしれないし」
「だと良いんだがな」

不安に駆られながらも馬車を降りた二人は関所へと足を運び、警備をしている兵士へと話しかける。

「関所を通りたいんだが良いだろうか?」
「通行許可証は持っているのか?」
「い、いや、持っていないが」
「ならば通す訳にはいかん、引き返せ」

兵士はそう言い放つと槍を二人へと向けて威嚇すると、一人の少女の声がする。

「待ってください!も、もしや貴方様は…キョウヤ王子様では?」
「何だと!? この男…、いや、この方がキョウヤ王子?」

奥の部屋から出て来たその少女の声に兵士は改めてキョウヤの顔を見直すと険しかったその表情は徐々に緩み、潤んで来た瞳からは涙が零れて来た。

「お、おお、確かに。王子、生きておられたのですねキョウヤ王子!」
「そう言うお前は…確かトムだったな」
「覚えていて下さいましたか。はい、ラインハット城にて兵士をしていたトムでございます」
「それと君は?」
「私は以前、王子様に助けていただいた城の給仕です」
「ああ、あの時のか」

少女がそう言うと横で話を聞いていたタダオが思い出したのか顎に手を当てて答える。

「あの時って?」
「忘れたのか、俺とお前の決闘の切欠になった」
「あっ」

タダオの言葉でキョウヤも思い出す、壷を割ってしまった給仕の少女を庇った時の事を。
兵士トムもまた当時の事を思い出したのか、零れて来た涙を袖で拭き取る。

「あの時は良かったなぁ。誰も皆が笑いあい、幸せに暮らしていた。なのに今のあの城は……」
「トム、詳しく教えてくれ。俺達は今からラインハット城に乗り込む」
「ええっ!む、無茶ですよ、今のあの城に乗り込むなんて命を無駄に捨てに行く様なものです!」
「無茶は承知の上だ、それでも行かなければならない」

トムは何とか押し止め様とするがキョウヤの目に宿る光を見ると決意は変わらないと悟り、語り始める。

「最初は王子が攫われたという騒ぎが起こった時です。まず王妃様が怪しいのは剣士パパスだと言いましたがレナス陛下はそれを即座に否定なさいました。ですが、既に王妃の命によって兵士団がサンタローズへと送られた後でした。その事に激昂された陛下と王妃が言い合いをなされてましたが、兵士団が戻って来た時には陛下は兵士団を責める所か逆に褒め称えていました。まるで人が変わったかの様に」
「つまり、その間に何かがあったって事だな」
「ああ。叔父上がそんなに関単に考えを変える筈が無い。洗脳されたか、あるいは…入れ替わったか」
「その後、配置転換が相次ぎ、陛下に進言をした者達は辺境へと飛ばされるか、酷い時にはそのまま処刑を…。我々も目障りだったのか此処へと」

キョウヤは伝えられた情報に眩暈を覚えた。
サンタローズでスラリンに聞いた話では村を襲ったのは兵士に擬態した魔物だと言う事は今、城に居る兵士達もその大半が魔物だと言う事になる。

「ぐずぐずしている暇は無いな。一刻も早く城に行かなくては。トム、通してくれるな」
「はっ、承知いたしました。しかし、もう夕暮れ時。せめて一晩の宿をおとり下さい」

本当はもう少し進んだ場所で野宿するつもりだったが、トムと給仕の少女の懇願に負け、今夜は此処で宿を取る事にした。

 

―◇◆◇―

「はあ…、本当に大人しいんですね」
「この目で見てもまだ信じられません」
「まあ、これが普通の反応だろうな」

関所を通過する時に何かの拍子でばれないとも限らなかったので馬車の中に隠れていたブラウンとトールの二人を紹介しておいた。
最初は怯えていたトム達だったが、黙々と食事をするブラウンとタダオの膝の上で丸くなっているトールを見た二人は邪気を持った魔物ではないという言葉を受け入れていた。

 

そして翌朝、トム達に見送られた二人は対岸の関所の兵士にトムから預かった手紙を渡すとその兵士はキョウヤに敬礼をした。
どうやらこの兵士も偽王に煙たがれてこの場所に送られたらしい。


そして馬車を疾走させ、太陽が真上に上がる昼にラインハット城に辿り着いた。
キョウヤにとっては10年ぶりとなる帰郷であったが、その城下町の姿は二人が予想した通りの酷い物であった。


=冒険の書に記録します=

 




(`・ω・)原作とは違い、カエルいたずらイベントは無いので関所での会話はどうしようかな?と迷っていたら給仕の少女の壷イベントを思い出したので無理やり伏線として使用した件。
なので副題も捻りの無い物に……

(・ω・)ドラクエ11、買いました。
オイラは3DSでプレイしています、流石に正当派に回帰したこの11番目は面白い。
オンライン?知らない子ですね。
後、書き逃げ劇場で書き逃げたドラクエⅣ+Ⅱ、ひっそりと製作中。
エタり防止にある程度書き上げてからうp予定。