第三十二話「アルカパの町で」

第三十二話「アルカパの町で」

 

故郷、サンタローズにてピエールとスラリンに再会し、父パパスの遺言と共に勇者の装備の一つ、《天空の剣》を手に入れ、光の教団に支配から開放する為にラインハットを目指すタダオ。

まず目指すはアルカパの町。

―◇◆◇―

子供の頃は半日程だったアルカパへの道のりだが、魔王から流れ出る暗黒魔力が増大したのか魔物達は凶暴さを増し、尚且つその数を増やしていたので一日程時間を費やして漸くタダオ一向はアルカパまで辿り着いた。
変化の杖はあるが、未だ人の住む場所に慣れていないブラウンとトールは念の為に馬車で留守番をさせ、タダオとキョウヤの二人で町を調べる事にした。

「此処がアルカパか。タダオ、昔と比べて何か変わった所はあるか?」
「いや、取り立てて変わった所は無いが何と言うか…、あの頃程の賑やかさは無いな」

そう言いながら辺りを見回すタダオ。
子供の頃に一度だけ訪れただけだが、それなりにこの町に溢れていた活気は忘れてはいなかった。
だが、今のアルカパからはその活気は欠片も感じず、逆に悲壮感すら漂っていた。

「やはりこの町も…」
「そー言う事なんだろうな」

このアルパカの町もサンタローズの様に滅ぼされないまでも、ラインハットの支配の下で色々と理不尽な事をされたりしたんだろう。

「たしかこの町にはお前の幼馴染の女の子が住んでいるんだったよな。名前は確か…」
「リアス。俺にとっちゃ姉さんみたいな女性(ひと)だったよ」
「なら早く顔を見せてやらなくてはな。何処に住んでるんだ?」
「町の中心にあるあの宿屋だ」

 

―◇◆◇―

「いらっしゃい、アルカパの宿屋へようこそ」

タダオが指差す宿屋へ歩いて行き、扉を開いて中に入るが其処で二人を迎え入れたのはタダオが見知っていた人物ではなかった。

「あ、あの、此処で宿屋をやっていたのはダンカンさんじゃなかったんですか?」

タダオがそう聞くと受付をしていた人の奥さんであろう、洗濯物を取り込んで来た女の人が答える。

「おや、あんたはダンカンさんの知り合いかい?じゃあ、残念だったね。ダンカンさんはもうこの町には居ないよ」
「えっ!な、何で…?」
「もう7年前になるかねぇ。ダンカンさんの体の具合が悪くなって、ずっと西の方にある小さな村へ療養の為に引っ越していったんだよ。其処には体に良い温泉もあるらしかったからねぇ。その時丁度泊まっていた私ら夫婦がダンカンさんからこの宿屋を譲ってもらったのさ」
「西の村って何処にあるのか分かりませんか?」
「すまないねぇ。何処にあるとか村の名前とかは分からないよ」

タダオはその村の事を聞くものの、詳しい事は知らないらしかった。

「タダオ…」
「そうですか。分かりました、取りあえず二人で一泊お願いします。後は町の皆に聞いてみます」
「すまないな、役にたてんで。…待てよ、お前さんの名前、確かタダオ…とか言っておったな」
「ああ。俺の名はタダオだけど」
「おおっ、そうか。お前さんがタダオか」

受付をしていた宿屋の親父はタダオの名を聞くと顔を綻ばせた。

「ダンカンさんの娘さん、確かリアスという名前じゃったな。もしタダオという男の子が来たらと伝言を預かっておるんじゃ。え~と、この辺に伝言を書いた手紙を置いてあった筈。あった、あった」

そう言いながら親父は机の引き出しの中から手紙を探し出し、タダオへと差し出す。

「ほれ、これがお前さん宛ての伝言じゃ」
「リアス姉ちゃんからの…」

タダオは渡されたその手紙を読み始める。


《タダオ、サンタロ==が襲われたって聞い=けど貴方は大丈==ね。パパスおじ==が王子様を攫ったっ=聞いたけど私は信じてないからね。それと、折角尋ねて来て=れたのに居なくてご==ね。私達はずっと西の方にある小=な村にパパの療養の為=引越ししなけ===らなくなって、私だけでも残ろう==たけどパパとママが=配だから私も行かなければいけないの。あんまり小さいんでちゃん==た名前は無いけど少し離れた場所に===ナっていう==な町があるから其処を手掛かりに探してみてね。待ってる===対に来てね。『リアスより』》

「なんだこれは?所々掠れててまともに読めないじゃないか」

横から一緒に読んでいたキョウヤが呟くと女将さんは親父に怒鳴りつける。

「そ、そりゃすまないねぇ。アンタッ!なんでもっとしっかりと仕舞っておかなかったんだい!」
「だっ、だってよう、こんなに時間が経ってから来るなんて思ってなかったからよぅ」

どうやら直ぐに来ると思っていたらしく、きちんと保存していなかった為に文字などが掠れてしまったらしい。

「だ、大丈夫だよ。とりあえず無事だって言う事は分かったんだし、どうせこれから旅に出るんだし後は俺達なりに探してみるから」
「そうかい、何だか悪いねぇ」

女将さんは親父さんを小突きながらそう言い、タダオ達は他の情報を探る為に町へと出かける事にした。

 

―◇◆◇―

宿屋を出て、まずはと教会に行くと一人のシスターが青い顔をして出て来た。

「大丈夫なのか、随分と顔色が悪いが」

そのまま教会を後にしようとしたシスターをキョウヤが呼び止める。

「心配をおかけした様ですいません。私には感じる事が出来るのです、かつて神が施したと言う魔界の扉の封印。その封印の力が弱まりつつある事が」
「魔界の封印が?」
「ええ、もし封印が破られる事にでもなれば世界は闇に蔽い尽くされるでしょう。私はその事が恐ろしい、ああ」

そう俯いたシスターだが、徐に顔を上げるとタダオを見つめて話しかける。

「貴方方からは何か不思議な力を感じます。何故でしょう、先程までの不安が嘘の様に消えていきます」
「まあ、信じられないかもしれないがタダオ…、いや俺達は魔界からの侵略を阻止する為の旅をしているからな。その為にもまずは勇者を見つけ出さなければいけないんだが…貴女は何か知りませんか?」

キョウヤがそう言うとシスターは不安な表情から一転し、笑顔を浮かべる。

「まあ、そうなんですか、道理で。勇者様の事ですが私も修行中に伝え聞いた事ぐらいしか分かりませんが」
「それでも良い。教えてくれ、今はどんな小さな情報でも欲しいんだ」
「分かりました。それでは僭越ながらお教えいたします」

シスターはタダオの要望に応えて語り出す。

「遥かなる昔、世界が暗黒の闇に包まれようとした時に天空の勇者様が現われました。天え空の勇者様は導かれし者達と共に世界中に散らばっていた天空の装備を探し出しました。魔界に乗り込む為には勇者様がその装備を身に着けねばならなかったからです。その装備とは《天空の兜》《天空の鎧》《天空の剣》《天空の盾》。天空の装備を身に着けた勇者様は遂に魔界の王、そして目覚めようとしていた地獄の帝王エスタークさえも打ち倒したそうです。その後の勇者様はどうなったのか、一人の人間として過ごされたのか、天空へと戻っていかれたのかは伝承には残されてはいません。ただ、天空の装備は再び世界中へと散らばり、その所在は明らかにはされていません。私が知っているのはこれだけですけどお役に立てたでしょうか?」
「ああ、ありがとう。参考になったよ」

タダオ達との会話で幾分気が紛れたのか顔色の良くなったシスターと別れて町の探索を再会した二人の耳に何処からか騒がしい声が聞こえて来た。

「おい、どうしたんだ。お前、ラインハットに徴兵された筈じゃ?」
「はあ、はあ。あ、あんな城に居たんじゃ何時死ぬか分かったもんじゃないからな。戦闘の中、死体に紛れて何とか逃げ出して来たんだ」

タダオとキョウヤは木の影に隠れてその会話を聞く。
何処と無く見覚えのあるその二人は子供の頃にタマモを苛めていたあの兄弟の様だ。

「そんなに酷いのか?」
「ああ、特にレナス陛下の変わり様が酷すぎる。あんな王様じゃなかったのに今じゃ俺達国民の事なんか家畜としか思っちゃいねえ」

「叔父上が?」


=冒険の書に記録します=

 




(`・ω・)ラインハット王、生存√。
ヘンリー役のキョウヤがタダオと共に旅に出るのなら弟のデールを王に据えるよりはとこういう展開にしました。