第三十一話「いざ、ラインハットへ」

第三十一話「いざ、ラインハットへ」


 「見ていてくれ親父。母さんは絶対に救い出して見せる」

その言葉に応えるかの様に刃に一筋の光が走った。




―◇◆◇―

「なあタダオ、もしかしてお前ならその剣を使えるんじゃないか?あの馬車だってお前が触れる事で元の姿に戻ったんだし」
「いや、俺が伝説の勇者だったんなら親父がその事に気付かない筈は無いだろう。でもまあ、試しに…」

そう言いながらタダオは天空の剣を手に取るが剣は何の反応も見せず、それを見たスラリンは残念そうに呟く。

「何にも起こらないね、タダオ」
「ああ、まるでただの棒切れを持っているみたいだ。やっぱり俺も勇者じゃないな。キョウヤはどうだ?」
「俺か?俺も違うと思うが…、うわっ!な、何だこれはっ!?お、重い……」

タダオは前言通り棒の様に軽々と持っていたがキョウヤが手にすると逆に重すぎて持てない様だ。

「やっぱりキョウヤも違うか。まあ、そんなに簡単に見つかるんなら親父も苦労はしなかっただろうしな」
「よいしょっと、ふう。取りあえず占い婆さんが言ってた道しるべはこの天空の剣の事だろうな。これからどうする?もう一度オクラルベリーに戻って婆さんに占ってもらうか?」

キョウヤは重さにふら付きながら剣をタダオに渡すとこれからの事をタダオへと尋ねる。

「いや、まずはラインハットを何とかする方が先だ。スラリンが言った様にこの村を襲ったのが魔物だとすると城や城下町の連中もこの村と同じ目にあっているかもしれないしな、放っておく訳にはいかないだろう。親父ならきっとそうする筈だ」
「……すまない、タダオ」

あまり良い思い出は無いにしてもやはり父の故郷であり、そして父がその命を懸けて護った場所。
たとえどの様な理由があったにしても、たとえ魔物が行った事だとしても自分の故郷を滅ぼしたラインハットを救おうとしてくれるタダオにキョウヤは頭を下げ礼を言う。

「取りあえずこれからの事は地上に戻って皆で話をするか」

タダオはそう言うと父の手紙を懐へと仕舞い、部屋を後にする際にふと振り向いて見ると机で何かの作業をしていたパパスがこちらを見て微笑む姿を見た気がした。

「頑張るからな、親父」

そして閉じられた扉が開く事は二度と無かった。





―◇◆◇―

地上に戻ったタダオ達はこれからの事の話し合いをする為に教会へと村人達を集め、ラインハットへと行く事を語った。

「そうじゃな、タダオの言う通りパパス殿ならばラインハットを見捨てる事はしないじゃろうな」

タダオから渡されたパパスが残した手紙を読んだ長老はタダオの決断を聞いた後、感慨深げにそう呟いた。

「し、しかし長老!ラインハットはこの村を…」
「落ち着かんか。確かに彼奴等きゃつらはこの村を無慈悲に滅ぼした。じゃが、ラインハットの全てが悪と言う訳でもなかろう」
「「「………」」」

長老の言葉に村人達は押し黙るが、やはり納得がいかないのかその目は険しいままだった。
タダオはそんな彼等を見回すと立ち上がって話し出す。

「俺は何も無条件でラインハットを許すと言っている訳じゃない。それに…」
「それに…、何だタダオ?」

キョウヤは続きの言葉を言いにくそうにしているタダオの肩に手を置いて軽く頷き、それを見たタダオも頷くと改めて村人達に語る。

「こんな真似が罷り通ると言う事は国王はおそらく無事ではいない筈だ。スラリンが言った様に兵士に擬態した魔物がこの村を襲ったという事はラインハットを影で操っているのは光の教団に間違い無い。つまり……」
「つまり何だよ、タダオ?」
「ラインハットの城下町でもこの村と同じ様に苦しんでいる人達が居るかもしれないと言う事だ」

タダオが其処まで言うと村人達の中にもハッとした表情をする者が多数居た。

「だから俺達は明日にでも出発しようと思う」
「…じゃな。正直に言えばずっとこの村に居て欲しいがタダオにはタダオの目的がある。ワシらの我侭でそれを止めさせる訳にもいかぬな」

長老の言葉に何かを言おうとしていた村人達も思い止まった様に俯いていた。

「タダオ殿!何卒我等の同行をお許し願いたい!」
「うん、ボク達も連れて行ってよ!」
「いや、それはちょっと待ってくれ」

共に連れて行って欲しいと言うピエールとスラリンだが、タダオは何故かそれを断る。

「ええ~~!何でだよ!?」
「タダオ殿…」
「二人には俺達が戻るまでこの村を守っていてもらいたい。そりゃあ二人が来てくれるなら心強いがこの村を無防備にはしたくない」
「あ…」
「すみませぬタダオ殿、その事を忘れておりました」

同行を断るタダオに食い付こうとする二人だが、タダオの村を守って欲しいという要望に村の防衛を失念していた事に気付く。

「ラインハットを光の教団から開放すればこの村も守りやすくなる筈だ。そうしたら一緒に旅に出よう、だからそれまではこの村の事を頼む」
「御意、お任せあれ!」
「うん、任せといてよタダオ!」

必ず迎えに来る、その言葉に二人は頷きそれまで村を守り続けると誓う。





―◇◆◇―

「もうワシから言う事は何も無い。お前ならば必ず成し遂げてくれると信じておるぞ」
「タダオ、そしてキョウヤさん。貴方方に神の御加護を」
「頑張っておくれねタダオ。でも無茶だけはしちゃいけないよ」
「光の教団の奴らなんかぶっ倒してくれ!皆の、パパスさんの敵を取ってくれ!」

翌朝、準備を終えて旅立とうとしているタダオ達を見送る為に村人達は集まり、其々にエールを送っていた。

「皆の武器や防具は俺が鍛え直した物を用意しておいたぞ、頑張ってくれよ」

オラクルベリーから此処までの旅で使っていた武器は少々くたびれていたので武器屋を営んでいた親父がピエール達が倒したさまよう鎧などがもっていた武器などを鍛え直してくれ、トールにはタマモが使っていたのと同じ鉄の爪を作ってやり、ブラウンには以前使っていたおおかなづちに棘などを追加したりして強化していた。

「うん、やはり剣の方が使い易いなキョウヤ」
「そうだなタダオ。ありがとう親父さん、助かったぜ」
「けっ!そう思うんだったらさっさと手前てめぇの国とケリをつけて来やがれ」

そう悪態を吐きながらもキョウヤを見る親父、そして村人達の目には以前の様な悪意は無かった。

「ああ、俺は俺のやるべき事をやって来る」
「じゃあそろそろ行くか」
「トール、タダオをちゃんと守るんだぞ!ケガなんかさせたら承知しないからな!」
「クオン、クオン、クオォーーン!」

貴方に言われるまでもなくタダオは私が守りますとでも言っているのか、トールは叫び返す。

「タダオ殿、しばしお待ちを」
「どうした、ピエール?」
「どうぞ之をお持ちください」
「これは…《桜の一枝》」

馬車に乗り込もうとしたタダオをピエールが呼び止め、差し出して来たのは子供の頃セイにもらった《桜の一枝》と同じ物だった。

「先程、忘れ物が無いかと家に寄って見た所、桜の木から落ちて来たのです。まるで持って行って欲しいと言わんばかりに」
「そうか、なら何かの役に立つのかもしれないな」
「では行ってらっしゃいませ、タダオ殿。サンタローズは私とスラリンが守り抜いて見せます」
「ああ、頼んだぞピエール」

そう言ってタダオはピエールから《桜の一枝》を受け取り、ラインハットへと旅立った。

まず、向かうのはリアスの住むアルカパ。


=冒険の書に記録します=



(`・ω・)武器などは別に原作に拘る必要は無いだろうと色々弄って見ました。
タダオとキョウヤは鋼の剣、トールには前記の通りタマモと同じこの作品オリジナルの鉄の爪、と言っても牙を爪に変えただけですけど。
ブラウンのおおかなづちは公式ガイドブックに書いていた説明文を流用してみました。

そしてこのクロスオーバー版の主人公、モデルは横島なのにらしくないなぁ、とお思いでしょうがあくまでもモデルという事だし、流石にこういったシリアスなシーンではギャグ要素は織り込めないという事です。
(゚∀゚)その分、ギャグを入れられる場面では容赦はしません。(何を?)