第三十話「受け継がれる遺志と剣」

第三十話「受け継がれる遺志と剣」

食事も終わり、夜も更けたと言う事でこれからの事は明日話し合おうと村人達は其々自分達の家へと帰っていった。
村の見た目から以前住んでいた家も壊されていると思ったタダオは旅の間と同じ様に馬車で寝ようとしたがスラリンとピエールが着いて来てと言うので後に続くと其処にあった建物を見て驚愕する。

「こ、これは…親父達と暮らしていた家。…何故?」
「何時か帰って来るタダオの為に村の皆と協力して建て直したんだ」

そう、其処にあったのはラインハットに行くまで自分達が暮らしていた家が以前の姿のまま其処にあった。

兵士に擬態した魔物達が攻めて来た時にこの家もまた打ち壊されたがピエールが目覚めた後、未来への希望を取り戻した村人達と一緒に少しづつ直し、つい数日前に完成したばかりなのだ。
その姿を見て嘗ての幸せな日々を思い出したのか、タダオは声を殺して泣き出し、キョウヤはその肩を抱いてやる。

「まったく、自分達の家だって粗末なままなのにな」
「ああ……」

そして改めて見直すと家の横には無かった筈の咲き誇っている桜の木がある事に気付く。

「あれ?この木は…前には無かった筈」
「それに春はもう過ぎてるっていうのに何故桜の花が咲いたままなんだ?」
「それはセイから貰った《桜の一枝》だよ」
「セイがくれたあの?」

妖精界から帰って来た時に握っていた桜の一枝、その枝には紙が括り付けてあって『この花を見て我らの事を思い出してくだされ。《セイ》』と書かれていた。
その後、部屋の花瓶に飾ってもらったのだが、不思議とその花は枯れる様子を見せず、ラインハットに行く際もバークに世話を頼んでいたのだった。

家が打ち壊された時に部屋に飾ってあった桜の一枝は地面に転がり落ち、そのまま根付いてこの大樹に成長したらしい。
また、それだけでは無くこの木を中心に汚された地面や川の水なども徐々に浄化されていっているらしく、何れは元の綺麗な大地に戻る事を期待されているとの事だ。

「そっか、村人達だけじゃなくこの村の大地も頑張ってるんだな」
「うん!きっと何時か元の自然豊かな村に戻るよ」
「その為にも邪悪なる者共を倒さねば」

そう語り合うタダオ、スラリン、ピエールの三人をキョウヤ達は少し離れた場所から眺めている。
何処と無く、何かを邪魔する感じがして彼等の中に入れないでいたのだ。
それはトールも同じらしく、少し悔しそうにブラウンの頭の上で「クオォ~ン」と悔しそうに唸っていた。

 

―◇◆◇―

一夜明け、軽い朝食を済ませたタダオは子供の頃には知らずに居たパパスの事を詳しく聞く為に長老の住む家へと向かった。

「パパス殿の事か…」
「ああ、親父が死に際に母さんが生きている事を教えてくれた。それにオクラルベリーでの占いで此処に旅を進める為の道しるべがあると聞いたんだ。何か知っている事があるんなら教えてくれよ」
「そうじゃな、立派に成長したお前にならもう教えても良いじゃろう。パパス殿が世界を旅して探していたのは『勇者』、そして『天空の装備』じゃ」
「天空の装備?」
「そうじゃ、嘗て世界を救ったと言われる導かれし者達。そして彼等を率いた者こそが天空の勇者。天空の装備とは『兜』『鎧』『盾』『剣』からなる勇者のみが身に纏えるという武器、防具の事。パパス殿はその内の一つを探し出してこの村の洞窟の奥に隠したとの事じゃ」
「親父があの洞窟に?でも親父が洞窟に潜ったんなら薬師のおっちゃんも親父が見つけた筈だけど」

タダオは子供の頃に洞窟内を探検した事を思い出すが、薬師を見つけたのはタダオ達でパパスでは無い。

「ほっほっほっ、子供が容易く見つけられる場所に大事な物を隠す訳なかろう。筏を使わなければ辿り着けぬ最奥の更に地下にワシとパパス殿しか知らぬ秘密の隠し部屋があるんじゃよ」
「なるほど」
「筏は幸いにも隠しておいたお陰で壊されなかったからの、こうしてお前が帰って来たのも何かの掲示じゃろう。行って来るがええ」

そう言われたタダオは小さな筏だった事もありキョウヤ、そして以前にも一緒に潜った事があるスラリンとピエールの四人で行く事になった。

 

―◇◆◇―

子供の頃に通った通路を横目に見ながら筏で水路を進んで行くと小さな小島に地下へと下りる階段があり、お互いの顔を見合って頷くとゆっくりと下りて行く。
子供の時にはさほど不思議には思わなかったが、洞窟の壁や天井には光る苔の様な物が生えていて進むのには支障は無かった。

「この洞窟には魔物は住んでいないのか?」
「いや、子供の頃に潜った時には結構いたぞ」

不思議と此方側の洞窟には魔物は居ない様で戦いに足を止められる事は無く、タダオは無事最下層にあった隠し部屋に辿り着き、扉を開くとギギギィ~と錆び付いた蝶番が音を立て、その部屋の真ん中辺りに布に包まれた一振りの剣が台座に突き立っていた。
タダオがその剣を良く見ようと近づくと傍にあった机の上に《タダオへ》と宛名が書かれた封書が置かれていたのでそれを手に取り中の手紙を読み出した。

《タダオ、我が息子よ。お前がこの手紙を読んでいると言う事は私はもはやこの世には居ないという事なのだろう。お前も気付いているだろうが私が世界を旅していたのは邪悪なる存在に攫われた我が妻マーサを探し出す為だったのだ。お前の母マーサには暴れ回る魔物の心さえ癒し大人しくさせる不思議な力があった。だが同時にその力は魔界にも通じる物だったらしい。どれ程探し回っても見つから無いと言う事はおそらくマーサはその力ゆえに魔界へと連れ去られたと見て間違いは無い。タダオよ、伝説の勇者を探し出すのだ。私が調べた限り魔界へと乗り込む事が出来るのは嘗て天空の装備を身に纏い、導かれし者達を率いて世界を救った伝説の勇者の血を引く者だけだ。私は旅の中で漸く天空の剣だけは手に入れたがそれを装備出来る者を見つける事は出来なかった。だが、世界が危機に瀕している以上必ず何処かに新たなる勇者は居る筈だ。タダオよ、残りの装備と共に必ず勇者を見つけ出し世界を、そして母マーサを救うのだ。信じているぞ、私とマーサの愛すべき息子、タダオよ》

「タダオ…」

ポツポツと手紙に涙の雫が零れる中、キョウヤはタダオの肩に優しく手を置き、スラリンは慰めるかの様にタダオの足に頬を摺り寄せ、ピエールも嘗てのパパスの姿を思い出したのか肩膝を付き俯いているその顔からは同じ様に涙が零れている。

涙を拭いたタダオは剣へと歩み寄り、その布を剥ぎ取ると竜の顔を模した鍔と白銀の刃が其処にはあった。

「これが天空の剣か」
「この剣があったからこそ魔物は此方側の洞窟には居なかった訳だな」

四人は天空の剣を囲む様に立ち、改めてパパスの遺言を心に刻み込む。

「見ていてくれ親父。母さんは絶対に救い出して見せる」

その言葉に応えるかの様に刃に一筋の光が走った。

 

=冒険の書に記録します=




(`・ω・)『待ちに待った時が来たのだ! 多くのエタりが無駄死にで無かった事の証の為に・・・ 再び二次小説の理想を掲げる為に! 作品完結の成就の為に! Over The Rainbow よ!私は帰って来た!! 』